安くで航空チケットが手に入るピーチアビエーションの秘密を徹底分析

安くで航空チケットが手に入るピーチアビエーションの秘密やチケットの購入方法などをご紹介しています。 - 意外と追加費用がかかるLCC

意外と追加費用がかかるLCC

国内旅行をする場合に、格安航空券を使うのが一般的です。よほどじゃない限りノーマル運賃で飛行機にのる人は少ないです。早期割引の格安航空券を購入したり、格安航空会社(LCC)を使ったりします。今回は【意外と追加費用がかかるLCC】について掘り起こしてみましょう。

飛行機に預ける手荷物の重さや数が多いと追加の料金が必要です

飛んでくお金
日本航空や全日空などの大手航空会社と比べると格安航空会社(LCC)は預ける手荷物の制限が厳しいです。旅行する場合は制限重量をしっかりとチェックすることです。自宅から行く場合は重さを量れます。
帰りにお土産とか増えるならば注意しましょう。
運賃タイプや航空会社によりますが、全て有料のところもあります。また機内の持ち込み手荷物に関しても重さの制限をしているところもあります。

旅行する前にしっかりとチェックしておきましょう。ちょっとでも重さがオーバーしたら容赦なく超過料金を取られてしまいます。安いからエルシーシーを使ったのに割高になってしまうこともあります。

機内サービスは大部分の格安航空会社(LCC)は有料化している

日本航空や全日空など大手の航空会社になれていると、機内サービスが有料だと萎えてしまいます。それほどエルシーシーは、何かをしてもらうとお金が必要になります。
機内食といっても軽食程度ですが、それも有料です。飲み物・毛布・枕などもお金が必要です。
そして、ドリンクや食べものは通常よりも割高になっているから、さすが商売熱心という印象です。毛布や枕も数は少ないです。

旅行用の枕を用意しておいたり、空調の加減で寒いこともあるので羽織れるような服装を機内持ち込みの手荷物に入れておくといいでしょう。
安く旅行するにはそれなりの準備が必要になります。

いかがでしたでしょうか?

意外と追加費用がかかるLCCについてご紹介しました。
格安航空チケットで国内旅行するシーンが増えていますが、激安で飛行機に乗るには、ある程度我慢をすべきところがあります。
できるだけ荷物は少なくしておくことがポイントです。

荷物が多くなるならば、事前に宿泊先に送る手もありますが、その場合もコストを計算しましょう。場合によったら日本航空や全日空の早期割引を使ったり、国内旅行のツアーやパックを使うほうがおトクなこともあります。旅の達人と呼ばれる人達は、Peach・ジェットスター・バニラエア・春秋航空日本などのLCCが安いという先入観は持っていません。ケースバイケースで利用する飛行機を選ぶことが大事です。

関連記事:

  ← 前の記事: